酒見賢一「後宮小説」
ストーリーとしてはただのシンデレラで物足りない気もするけど、
これだけしっかりした世界観を感じさせるのはすごいと思う。
釣りだと分かっていつつも、本当にそんな文献あるんじゃないの?って思うもんなぁ。
アニメになってるんですね。「雲のように風のように」だって。

セシャーミンが大変よいツンデレでした。
銀河にはちょっとイライラしました。ちょっとだけ。

実は「陋巷に在り」が読みたくて、でもあれすごく長いから、
酒見さんいけるかお試しで読んでみたのがこれだったのです。
というわけで「陋巷に在り」に取り付きます。

| | 23:53 | comments (0) | trackback (0) | |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://t-p-b.sakura.ne.jp/blognkahko/blogn/tb.php?557
トラックバック

トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<  2022 - 07  >>
NEW ENTRIES
COMMENTS
    『アイラビュー』ありがとうございました&しばらくお休みします
  • >12.23
TRACBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
J1 Ranking
LINKS
Search Box
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート