高村薫「リヴィエラを撃て」(ハードカバー)
サーは要らない

 
スパイ小説ってくくりでいいのかな…登場人物ががんがん死んでいきます。
そりゃスパイですから(全員じゃないけど)、悲劇的に死にます。
高村先生の作るキャラクターはみな魅力的なので、その都度胸が痛いです。

それと、地名にも人名にも、カタカナが多くてしんどかったです。
しかも視点が次々に変わるから、読み流してると誰が誰やら…。

IRAやMI5、MI6、そしてCIAあたりの基礎知識と、主だったピアノ曲などの素養を身につけてから読んだら、もう少し理解できようか。
とりあえずもう一回は読まないと理解できないということは、よく分かった。
文庫版買うかな…。
 

ジャックにうまく感情移入できなかったので、前半は読むのがきつかったです。
どんな男の子なのかいまいちわからなかった。
優秀な?テロリストで、ひどいやり方で何人も殺しているひどい人間なのに、研ぎ澄まされて魅力的に描かれていて、うさんくさい。
リーアンはそんなでもなかったのだけど。
で、この2人は結局殺されちゃうんだからすぐ終わるだろう、とたかを括っていたら案外このパート長くて…。
でも、ジャックが心の中でノーマンに語りかけてるとこは、ずしんと来た。
かけちがったボタンって、こういうことなのかなぁ。
「僕は生まれ変わりたい。いつの日か、どこかであなたと出会いたい。そのときは、ピアノとウィスキーとバラの日々だ。そのときは、僕はテロリストではなく、あなたはスパイではない」

そしてサラの死に様は辛かったです。大人の愛って、歯がゆい。

後半は、キムに手島さん、サー・ノーマン、ダーラム候にレディ・アンががっしがし動き出すので一気に読めました。
シンクレアは、エイドリィの関与しない、知らない世界を作りたくて、それがジャックとのひとときだったの?
シンクレアのピアノの音の描写は素晴らしかったです。
「BECK」や「のだめ」で、漫画で音楽を表す方法を感心してみていたけど、
言葉オンリーで音楽を表すのって、相当の筆力がないと無理だね。
さすが高村薫…リアリティの鬼。
| | 22:43 | comments (0) | trackback (0) | |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://t-p-b.sakura.ne.jp/blognkahko/blogn/tb.php?487
トラックバック

トラックバックはありません。
| | |

CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<  2022 - 08  >>
NEW ENTRIES
COMMENTS
    『アイラビュー』ありがとうございました&しばらくお休みします
  • >12.23
TRACBACKS
CATEGORIES
ARCHIVES
J1 Ranking
LINKS
Search Box
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート